コールセンターコンサルティング

コンサルティングがもたらす効果。
コンサルティングがもたらす効果を一言であらわすと、
【第三者の経験値を短時間で得る】です。

コールセンターの運営は、会社によって千差万別です。
特に社内でセンター運営を行なっている場合は、コールセンター責任者の
「知識」・「センス」・「キャリア」が一番色濃く現れる為、
運営そのものが適切か不適切かが、社内では非常に見え難くく、
適切な判断をするのが難しくなる場合が多いのです。

☆判断基準として、当社のコンサルティングを利用されてみてはいかがですか?

コンサルティングだからこそできる深い分析。
コールセンター業務には様々な種類が存在します。
分かりやすい例で言えば、アウトバウンドとインバウンドの業務があります。
アウトバウンドの経験しかない責任者が、インバウンドの責任者として適任でしょうか?
※答えは一つではありませんが、不適切である可能性が高いです。

コールセンターは、人が運営しているサービス業ですので、
勤務しているスタッフの性格やそれぞれの人間関係も大きな要因となり、
日々、センターの状況は変化し、良くもなり、悪くもなって行くものです。

また、数名の優秀なスタッフが在籍している事により、
センターが成り立っている事も多々あります。
(これは表向きには見え難い部分です)

そして、教科書のように明確な答えもありませんので、
社内の責任者が、適切な運営と共に、適切な分析が出来ているとは限りません。

☆当社のコンサルティングから客観的な意見を聞いてみませんか?

コンサルティング専門企業ではないからこその、現場主導、お客様視点。
世の中にはコールセンターに対してコンサルティングを行なう企業は複数存在します。
また、研修をメインに、講師陣を揃え、まるで授業のように、コンサルティングを施す
コンサルティング会社も多く見受けられます。

当社のスタッフはすべてスーパーバーザー(SV)経験者で構成されており、
歩み方はそれぞれですが、オペレータからリーダー、SVへと昇格し、
各ポジションによる特有の悩みや、改善策を実際の経験値として体得しています。
その業務経験の中では、他社のコンサルティングを受けた事があり、
数多くのコンサルティング企業が、コールセンターそのものの運営経験に乏しく、
データや理想論だけで、アドバイスをしている事がほとんどです。
コンサルティングを専門にしている企業は、コンサルティング業であり、
コールセンターを運営している企業ではありません。
もちろん、コールセンター経験者がコンサルティングを行なっている場合もありますが、
現場から離れている為、現場感覚が薄れており、大事な要素を見過ごしてしまい、
型にはまった、コンサルティングになりがちです。

☆当社はコールセンター業をメインで行なっているコールセンター専門企業です。
毎日、業務に励み、スタッフと向きあっている、生きたノウハウが詰まっています。
当社と共に、最適なコールセンター構築を目指しませんか?

経営者の方は、疑問に思ってください。
・コールセンターの社内評価や数値管理をする際、
社内の担当責任者のみに、任せていませんか?

・コールセンターの方向性は、現在の担当者のみの視点で大丈夫でしょうか?

・現在のコールセンターの運営費用は、高い?それとも安い?
費用対効果のバランスは良いと感じていますか?

・コールセンターの実態を把握する為に、どのような方法をとられていますか?

☆現在の懸念事項を、お聞かせください。

■【CCコンサルティング】に関するお問い合わせ
担当者 :日向(ヒナタ)
TEL :050-2018-0481
E-Mail :info@concierge-line.com